16.2 画面のロードのイメージをカスタマイズ

デフォルトでは、Web ページ作成時イメージはスピナーとして割り当てられ、言語区画ごとに「ロード中...」とのテキストが割り当てられます。この値は両方ともカスタマイズできます。

これはどのような働きをするのでしょう。ページをロードしようとしている時にコンテンツのロードが遅れている場合、次のように表示されます。

このスピナーをカスタマイズするには、[統合] タブの設定から変更します。

ヒント - Web ページのロードに 1 秒以上かかり、RDMLX 実行の開始前に消えてしまう場合にのみ、このロード中画面に関連付けられたイメージが表示されます。このイメージが表示されない場合は、ブラウザの速度を落としてみてください。

Chrome では、開発者ツール (F12) を選択して、ネットワーク設定でキャッシュを無効にし、ネットワーク・スピードを 3G ほどにします。その後、Web ページをリロードします。