19.4 ポップアップ・パネルを利用する理由

ポップアップ・パネル (PRIM_PPNL) は、他のあらゆるパネルと同様に IDE で作成し、デザインできます。また、別のコントロールの親になることができるので、レイアウト・マネージャで位置付けることも可能です。

ポップアップは Web デザインにおいては非常に便利で、サインインのパネル、メニュー、メッセージやその他様々なものの表示に利用できます。ポップアップ・パネルの便利な機能には次のようなものがあります。

TitleBar と Caption - ポップアップをダイアログとして使用することができます。

AutoClose – FALSE に設定されると、パネルがモーダル・ダイアログとなり、ユーザーがポップアップの後ろのページにアクセスするのを防ぎます。

ShroudStyle – これを使用して、ページをマスクでき、ポップアップで何らかのアクションを取らないと、先に進めないことを明らかに示します。

ShowPopup – ポップアップ表示の一部として使用する、事前に生成された様々なアニメーションを可能にする、Transition パラメータが含まれています。

 

ポップアップ作成を簡単にするため、再利用可能パーツにポップアップ・パネル・クリエイターが追加されています。