5.1.1 システム・テーマの作業開始

最も簡単なレベルのシステム・テーマでは、独自のテーマ作成に時間を費やす必要もなく、Web ページが使用している配色を素早く変更することができます。

Web ページを作成すると、以下のスケルトン・コードがソース内に生成されます。

 

Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_WEB)

 

  Evtroutine Handling(#Com_owner.Initialize)

  Endroutine

 

End_Com

 

Begin_Com に関連付けられた [詳細] タブでプロパティを見ると、テーマのデフォルト値には *null が設定されており、デフォルトのシステム・テーマ 2015Gray が適用されます。

代わりに、ドロップダウンから異なるシステム・テーマを選択したり、プロンプトからユーザー定義テーマを選択することも可能です。

すると、以下のようなコードになります。 (ページ上ですぐに違いが分かるよう、ボタンも追加されています)

 

Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_WEB) Theme(#SYS_THEME<2015DeepOrange>)

 

Define_Com Class(#PRIM_PHBN) Name(#Button1) Caption('Button1') Displayposition(1) Left(183) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Top(210) Height(87) Width(218)

 

  Evtroutine Handling(#Com_owner.Initialize)

  Endroutine

 

End_Com

 

ところが、[デザイン] タブを確認すると、選択した 2015DeepOrange ではなく、いまだに 2015Grey が表示されています。

これは、何故でしょうか。Begin_com で指定されるテーマはランタイム値です。コンパイルして、Web ページをブラウザで実行すると、新たに割り当てられたテーマを見ることができますが、この同じテーマをデザイナーで見るためには、IDE の設定を変更して、[テーマのデザイン] に 2015DeepOrange (濃いオレンジ) を指定する必要があります。

これに加え、エディター・スタイル設定で IDE により使用されるテーマそのものを変更することも可能です。

再利用可能パーツは、これらが使用されているコンテキストからのテーマを適用します。再利用可能パーツは、ランタイムにあらゆるテーマ設定が Web ページ (この場合、これらの再利用可能パーツが利用されている Web ページ) から継承されます。ただし、IDE でテーマのデザインを設定することで、デザイナー表示時にテーマが再利用可能パーツに適用されるのを見ることができるようになります。

詳細は、『Visual LANSA 開発者ガイド』のアプリケーションの外観の「テーマ 」を参照してください。