14.5.2 コンポーネントの埋め込み

以下の <Script> タグが HTML の本文に含まれていなければいけません。

<script src="/[パス]/[ランタイム]/lansa.js"></script>
 

[パス] は、LANSA ランタイム・フォルダの場所です。

[ランタイム] は、lansa_14_0_0_1などのような、バージョン付きのランタイム名です。

 

LANSA 再利用可能パーツのコンテナとして DIV エレメントを作成

これは最もシンプルな方法です。DIV タグは次のように、ID をつけて指定する必要があります。

<div id="LANSAFrame" style="top:0px;left:10%;width:80%;height:800px;position:absolute"></div>

 

追加スクリプトを追加

スクリプト・タグと DIV タグの 2 つが揃ったら、追加のスクリプトを加えて LANSA のランタイムの初期化およびパーツの実行を行います。

// LANSA ランタイム初期化

LANSA.init({sys:"%{lansa_webalias}%",part:"%{lansa_partition}%",lang:{ def:"ENG",code:{ "ENG":"en-US", "FRA":"fr-FR", "JPN":"ja-JP" } },splash:{ limg:"spin",txt:"Loading..."} } );
 

// 指定の DIV を埋める再利用可能パーツ (myPart) の作成。

var myPart = LANSA.showPart( "[パーツ名]", "[コンテナ]" );
 

[パーツ名] は再利用可能パーツの ID です。

[コンテナ] は、再利用可能パーツが格納される DIV の名前です。 (例: LANSAFrame)

ランタイムが起動するとすぐに、このパーツは作成され、コンテナに位置付けられます。