ウィジェットのイベント定義

イベントが定義されると、JavaScript で実行できるようになります、以下の例では、ユーザーがある項目をクリックした時に、グラフにより "select" イベントが起動されています。イベント・リスナーがブラウザ DOM に追加されます。このイベントが起動されると匿名関数が実行され、関数 fireItemSelected を実行することができます。この結果、RDMLX でこれに相当するイベントが起動します。

 

// EVENT: select

google.visualization.events.addListener( this.m_Chart, 'select', function()

{

  var

    selectedItem = pThis.m_Chart.getSelection()[0];

    if ( selectedItem )

    {

      pThis.fireItemSelected( ( selectedItem.row + 1 ), pThis.m_DataTable.getValue( selectedItem.row, 1 ), pThis.m_DataTable.getValue( selectedItem.row, 0 ) );

    }

});