name

リストの名前。通常、ここは省略値のままで残し、LANSAがLANSA独自の内部命名規則を使用できるようにします。ただし、JavaScript や グリッドを参照するXSLを使用する場合は、独自の名前を使用することもできます。

省略値

自動的に生成された、一意の識別子。

有効値

単一引用符で囲まれた文字列。XHTMLページ全体の中で一意のものでなければいけません。