5.3 WAMとXSLの配布

WAMの開発作業が終わり、webページのデザインとテストが終了したら、アプリケーションを実稼働環境に配布する準備が整ったことになります。配布パッケージの作成には、LANSA配布ツールを使用します。

配布ツールでは、WAMだけでなく、Webroutine Webデザイン(XSLスタイルシート)をはじめとするすべての従属オブジェクトを選択できます。

アプリケーション全体を配布する場合、以下の作業を行います。

配布ツールで識別できない外部の静的オブジェクト(イメージ・ファイル、スクリプト・ページ、他のHTMLページなど)をアプリケーションが使用する場合は、それらのオブジェクトを別途配布する必要があります。

詳細は『LANSAアプリケーション配布ツール』ガイドの「Windowsアプリケーション・データベースを使用するWAMアプリケーション」 のWAMの説明箇所を参照してください。