5.5 WAMのURL (Uniform Resource Locator)

URLを使用してブラウザーからWebroutineを呼び出すには、2つの方法があります。

WAMとWebroutineの一意の組合せにより、次のように指定できます。

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?wam=<WAM名>&webrtn=<Webroutine名>&ml=<TS名>&part=<区画名>&lang=<言語名>

Webroutineにサービス名が関連付けられている場合は、一意のサービス名により、次のように指定できます。

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?srve=<サービス名>&ml=<TS名>&part=<区画名>&lang=<言語名>

Webroutineを呼び出す上記の方法はどちらも拡張して、(ウェブイベントのように)URLにパラメータを含むことができます。URLのパラメータとして使用するフィールドは、Webroutineで*INPUTとして指定する必要があります。基本的なシンタックスは、以下の通りです。:

http://server/cgi-bin/lansaweb?w=wam&r=rtn&f(fieldname)=fieldvalue&f(fieldname2)=fieldvalue2

以下の表は、URLの各キーワードをまとめたものです。

キーワード名

短縮形

必須/任意

説明

field

f

任意。

値は、必要なfield (フィールド名)=フィールド値のパラメータをURLに追加することで、マップされたフィールドに送られます。例:
field(Section)=AB

language

langまたはl

任意。指定しない場合は、区画の省略値言語が使用されます。

識別子languageは、ページの表示に使用する言語を決定します。区画の省略値言語とは別の特別な言語のWebroutine XSLスタイルシートとウェブレット・スタイルシートを作成することも可能です。指定した言語のページまたはウェブレットが区画に存在しない場合は、省略値言語のページが返されます。

markup

ml

任意。指定しない場合は、構成された省略値が使用されます。

ページの表示に使用するテクノロジ・サービスです。HTMLの場合は、省略値のLANSA:XHTMLテクノロジ・サービスが使用されます。この省略値はLANSA for the Web アドミニストレータを使って変更することができます。

partition

partまたはp

任意。指定しない場合は、構成済みの強制区画が常に使用されます。

Partition識別子では、使用するLANSA区画を指定します。強制区画が(LANSA for the Webアドミニストレータで)サーバーに構成されていれば、このパラメータは無視されます。

srve

s

必須。最初のキーワードとして記述する必要があります。webappまたはsrveのいずれかのキーワードを使用しなければなりません。

特定のWAM、Webroutine、区画、言語にマップされている登録済みのサービス名です。このパラメータを使用する時に指定のサービス名が登録済みであれば(WebroutineのServiceNameプロパティで指定できます)、これらの値は登録された項目から読み取られるので、区画と言語のパラメータを指定する必要はありません。これらの値を指定すると、登録された項目が上書きされます。
詳細は、「サービス名の使用」を参照してください。

webapp

wamまたはw

必須。最初のキーワードとして記述する必要があります。webappまたはsrveのいずれかのキーワードを使用しなければなりません。

呼び出し対象のWebroutineが入っているWAMの名前です。

webrtn

r

必須。2番目のキーワードとして記述する必要があります。

webappキーワードと一緒に使用しなければなりません。

呼び出し対象のWebroutineの名前です。

 

 

 

同様のこれに代わる表示もサポートされます。(以前のバージョンで使用されていたもの)キーワード-値のペアを分けるには、'&'の代わりに'+'が使用されることに注意してください。

WAMとWebroutineを起動させる例:

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?webapp=<WAM名>+webrtn=<Webroutine名>+ml=<TS名>+part=<区画名>+lang=<言語名>

サービス名を呼び出す例:

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?srve=<サービス名>+ml=<TS名>+part=<区画名>+lang=<言語名>

 

キャシュ・ページの使用を防ぐため、LANSAはGET要求を発行する際にURLにタイムスタンプを追加して、この要求が"異なる"リソース用の要求として理解されるようにします。例えば次のようになります。

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?wam=WAM01&webrtn=WR01&ml=LANSA:XHTML&part=DEX&lang=ENG&_= 1343366108313