id

ウェブレットの一意の名前。通常、ここは省略値のままで残し、LANSAがLANSA独自の内部命名規則を使用できるようにします。ただし、JavaScript や ウェブレットを参照するXSLを使用する場合は、独自の名前を使用することも可能です。

省略値

concat('o', position(), '_LANSA_n') - LANSAにより付けられたウェブレット内部名です。

有効値

有効なHTMLのID文字列。[A-Za-z]の文字で始まらなければいけませんが、その後には文字、[0-9]の数字、ハイフン("-")、アンダースコア("_")、コロン(":")、およびピリオド(".")のいずれでも使用でき、好きな数だけ続けることができます。ただし、様々なJavaScriptライブラリ、CSSエディターやその他のWebテクノロジーとの互換性を考えると、コロン(":")とピリオド(".")は避けた方が賢明です。