name

ウェブレットの名前。通常、ここは省略値のままで残し、LANSAがLANSA独自の内部命名規則を使用できるようにします。このウェブレットをツリー・ビューのターゲットと連動させて使用する場合(通常はそうです)、ツリー・ビューのターゲットが参照する必要があるため、名前を入力することが推奨されています。この名前を使用すると、LANSAが生成した名前を使用するよりも明確で分かりやすくなります。

省略値

concat('oTree', ancestor-or-self::lxml:list/@name,position()) - これはLANSAによってツリー・ビューに与えられる内部名です。

有効値

単一引用符で囲まれた名前。