6.2 WAMフォームを呼び出すWEBEVENTフォーム

WEBEVENTフォームを呼び出す主な手段は、HandleEvent()というJavaScript関数です。WEBEVENTフォームからWAMフォームを呼び出すためのJavaScriptベースの手段として、それとよく似たHandleWAMEvent()という関数も用意されています。

WEBEVENTフォームからWAMフォームを呼び出すには、以下のようにします。

1.  提供されているHandleWAMEvent()というJavaScript関数を使用します。

     この関数を呼び出す方法は、HandleEvent()関数を呼び出す方法と同じです。

2.  パラメータは、HandleWAMEvent(WAM, Webroutine, TechServ, Form, Target, actionRequest, Partition, Language, optSessionKey, optDebugMode, "ASURNAME", "ASTDRENTRY", ...)のようになっていて、各フィールドに対応する可変数のパラメータの値をWebroutineに渡すことができます。ここでフィールド名の前に接頭辞を1文字付けることが重要です。この接頭辞は、Alphanumericフィールドの場合はA、Packedフィールドの場合はP、Signedフィールドの場合はS、RDMLXフィールドの場合はQです。この接頭辞は、WAMのWEBROUTINEにフィールド値を渡すときには必要ありませんが、フォームのフィールド値にアクセスする時は必須です。これはJavaScriptのHandleWebEvent()関数のセマンティックスと一貫性を持たせるためでもあります。

     HandleWAMEventのパラメータは、以下のとおりです。

WAM

ターゲットWAMの名前

Webroutine

ターゲットWEBROUTINEの名前

TechServ

使用するテクノロジ・サービス。省略値のLANSA XHTMLテクノロジ・サービスの場合はnull。

Form

送信フォームのためのフィールド値を取得するフォームHTMLオブジェクト。(例:「MYFORM」という名前のフォームであればdocument.MYFORM) 省略値のLANSAフォームの場合はnull。

Target

ナビゲーションの結果が表示されるターゲットのiframe、frame、ウィンドウ。新しいページを呼び出す場合はnull。

actionRequest

nullの場合は、デフォルトの"cgi-bin/lansaweb"操作の要求。

Partition

WAMフォームを実行する区画。

Language

WAMを実行する言語。

optSessionKey

SessionKeyMethodがURLの場合、任意でセッション・キーを渡すことがが可能。それ以外はnull。

optDebugMode

デバッグURLキーワードを渡して、WAMのデバッグが可能。それ以外はnull。

 

3.  このJavaScript関数は、指定のFormパラメータ (またはFormがnullの場合は省略値の"LANSA"フォーム) からフィールドの値を取得し、一時的なフォームを作成して、URLに送信されるこのフォームにフィールドと値を挿入します。そして、URLに対するHTTP postを実行します。HandleWebEvent()にパラメータとして渡すフィールド名にはすべて、フィールドのタイプを示す1文字の接頭辞を付ける必要があることに注意してください。WAMフィールド参照は接頭辞を必要としませんが、WEBEVENTファンクションは必要とします。したがって、このJavaScriptコードは、WEBEVENTフォームから指定のフィールド値を取得するときには1文字の接頭辞付きで取得しますが、WAMファンクションにフィールド名を送信するときには接頭辞なしで送信します。

4.  その結果、指定のフィールド値が渡されたWebroutineが実行され、Webroutineページがブラウザーに表示されます。Webroutineに値を設定するには、送信するフィールドがWEB_MAP FOR(*INPUTまたは*BOTH)で指定されていなければいけません。

WEBEVENTフォームからWAMフォームを開始し、情報を渡す方法

1.  ファンクションを作成して、以下のコードを貼り付けます。

 

Function Options(*DIRECT *webevent)


Define Field(#searchwam) Type(*char) Length(1)
Define Field(#wamname) Type(*char) Length(9)
Define Field(#webrname) Type(*char) Length(20)
Define Field(#techserv) Type(*char) Length(21)
Define Field(#currlang) Type(*char) Length(4) Default(*language)

Group_By Name(#webform) Fields((#stdrentry *hidden) #surname #searchwam (#currlang *hidden) (#partition *hidden) (#wamname *hidden) (#webrname *hidden) (#techserv *hidden))

Change Field(#wamname) To(<your wam name>)
Change Field(#webrname) To(<your wam webroutine name>)
Change Field(#stdrentry) To(N)

Request Fields(#webform) Exit_Key(*no) Menu_Key(*no) Prompt_Key(*no)

 

2.   <your wam name>と<your wam webroutine name>を適切な名前に置き換えます。

     この場合、WAMは、デフォルトのLANSA:XHTMLテクノロジ・サービスと同じ区画に存在していなければならず、同じ言語で実行しなければなりません。そうでなければ、#techserv、#currlang、#partitionの各フィールドの値を変更してください。

3.  LANSA Webファンクション・エディターを使用して、InputタイプのVisualコンポーネントを作成し、SEARCHWAMという名前を付けます。

4.  コンポーネントのページにもSEARCHWAMという名前を付けます。

5.  新しいページを作成して、以下のコードを貼り付けます。

<button onclick="return HandleWAMEvent('<RDML MERGE="WAMNAME">', '<RDML MERGE="WEBRNAME">', '<RDML MERGE="TECHSERV">', null, '<RDML MERGE="TARGET">', null, '<RDML MERGE="PARTITION">', '<RDML MERGE="CURRLANG">', null, null, 'ASURNAME', 'ASTDRENTRY' )">Search</button>

 
<script type="text/javascript">

//<![CDATA[

function CreateTempForm(ownerDoc)

{

   var oTempForm = ownerDoc.createElement("form");

 

   if (oTempForm != null)

   {

      if (typeof oTempForm.setAttribute === "function")

      {

         oTempForm.setAttribute("method", "post");

      }

      else

      {

         oTempForm = ownerDoc.createElement("<form method=\"post\"></form>");

      }

   }

   return oTempForm;

}

 

function HandleWAMEvent(WAM, WebRoutine, techServ, Form, Target, actionRequest, Partition, Language, optSessionKey, optDebugMode /*, field1, field2, etc...*/)

{

   if (Form == null)

   {

      Form = document.LANSA;

   }

   if (techServ == null)

   {

      techServ = "LANSA:XHTML";

   }

 

   var oTempForm = CreateTempForm(Form.ownerDocument);

 

   if (oTempForm != null)

   {

      Form.ownerDocument.body.appendChild(oTempForm);

      var argLen = arguments.length;

 

      if (argLen > 10)

      {

         for (var index = 10; index < argLen; index++)

         {

            var fieldNameWithPrefix = arguments[index];

            var fieldName = fieldNameWithPrefix.substr(1, fieldNameWithPrefix.length - 1);

            for (var ind = fieldNameWithPrefix.length; ind < 10; ind++)

            {

               fieldNameWithPrefix += " ";

            }

            var fieldValue = Form.elements[fieldNameWithPrefix].value;

            InsertHidden(oTempForm, fieldName, fieldValue);

         }

      }

 

      // Add STDANCHOR if available

      var anchorField = Form.elements["ASTDANCHOR"];

      if (anchorField != null)

      {

         InsertHidden(oTempForm, "STDANCHOR", anchorField.value);

      }

 

      var prevAction = oTempForm.action;

      var prevTarget = oTempForm.target;

 

      var action = "";

      if (actionRequest == null || actionRequest.length <= 0)

      {

         actionRequest = "/cgi-bin/lansaweb";

      }

      action += actionRequest + "?wam=" + WAM + "&webrtn=" + WebRoutine + "&ml=" + techServ + "&part=" + Partition + "&lang=" + Language;

      if (optDebugMode != null && optDebugMode.length > 0)

      {

         action += "&debug=" + optDebugMode;

      }

      if (optSessionKey != null)

      {

         action += "&sid=" + optSessionKey;

      }

      oTempForm.action = action;

     

      if (Target != null)

      {

         oTempForm.target = Target;

      }

      oTempForm.submit();

      setTimeout(function() {

            oTempForm.action = prevAction;

            oTempForm.target = prevTarget;

            oTempForm.parentNode.removeChild(oTempForm);

         }, 100);

   }

   return false;

}

 

function InsertHidden(Form, FieldName, FieldValue)

{

   if (Form == null)

   {

      return;

   }

 

   var field = Form.elements[FieldName];

 

   if (field == null)

   {

      var elem = Form.document.createElement("input");

 

      if (elem != null)

      {

         elem.setAttribute("type", "hidden");

         elem.setAttribute("name", FieldName);

         elem.setAttribute("value", FieldValue);

         Form.appendChild(elem);

      }

   }

   else

   {

      field.value = FieldValue;

   }

}

//]]>

</script>

 

6.  ページをSEARCHWAMとして保存します。

7.  WEBEVENTファンクションをコンパイルして、HTMLを生成します。

8.  このWEBEVENTサンプルをブラウザーで実行します。検索ボタンをクリックすると、WAMNAMEとWEBRNAMEの各フィールドで指定したWAMとWEBROUTINEが呼び出されます。