6.5 WAMとWEBEVENTファンクション間の情報共有

既存のWEBEVENTファンクションの間では、表示されない情報またはサーバー側の情報を共有する場合があります。これはWeb対話処理時にクライアントのブラウザーで非表示のブラウズ・リストやフィールドを使って引き渡されることが通常です。この手法は、シンプルなセッション状態管理の一つです。

この手法は、WEBEVENTファンクション同士の情報共有には使用できますが、WAMとWEBEVENTファンクション間の情報共有には使用できません。

同じWebセッションの中で実行するWEBEVENTとWAMアプリケーション間で情報を共有できる新しい手法があります。この手法は、わかりやすく、汎用的であり、機能的にも優れています。以下の項目を参照してください。

6.5.1 共有データの一意の識別

6.5.2 データの共有

6.5.3 共有データのクリーンアップ

6.5.4 Visual LANSAフレームワークと "仮想クリップボード"