8.3 標準フィールド・ビジュアライゼーション

LANSAには標準フィールド・ビジュアライゼーション・ウェブレットが用意されています。多くの共通フィールド・タイプ用に標準のビジュアライゼーションが提供されており、特定のフィールド・ビジュアライゼーションのフィールドがWEB_MAPに指定されていない場合は、XSLジェネレータ(WAMのコンパイル時に)によって使用されます。例えば、日付タイプのフィールドをWEB_MAPに指定した場合、XSLジェネレータは省略値でstd_dateフィールド・ビジュアライゼーションを使用して、WebroutineのXSLを生成します。

ここでは、標準フィールド・ビジュアライゼーション・ウェブレットの詳細、プロパティおよびWebroutine内での使用方法が説明されています。

提供されているウェブレットは、変更しないでください。区画の初期化を実行するたびに、これらのウェブレットは再インポートされ、リポジトリに存在していた元のウェブレットが上書きされます。フィールド・ビジュアライゼーション・ウェブレットをカスタマイズする場合は、LANSAエディターを使用して、対象のウェブレットを別の名前で保存してから、ウェブレットのコピーの方を変更してください。自分のウェブレットに'std_' で始まる名前を付けないでください。LANSAより提供されているウェブレットと競合してしまう恐れがあります。

 

 

ウェブレット名

説明

英数字 (std_char)

テキスト入力ボックス・コントロール。

ブール値 (std_boolean)

チェックボックス・コントロール

Query UI 日付ピッカー (std_datepicker)

日付の表示、入力、プロンプト、及び妥当性検査をサポートする追加機能が付いた、テキスト入力ボックス。

jQuery UI 日時ピッカー (std_datepicker)

日時の表示、入力、プロンプト、及び妥当性検査をサポートする追加機能が付いた、テキスト入力ボックス。

浮動小数 (std_float)

浮動小数点を表示・受信できるよう特別に構成されたテキスト入力ボックス・コントロール。

入力ボックス (std_input)

テキスト入力ボックス・コントロール。

整数 (std_integer)

値が許容範囲内にあるかどうかを確認するロジックが入った、整数値を表示・受信できるように構成されたテキスト入力ボックス。

オブジェクト (std_lob)

LOBコンテンツを返すWebroutineへのハイパーリンク(アンカー)。

Query UI 日時ピッカー (std_datepicker)

時刻の表示、入力、プロンプト、及び妥当性検査をサポートするテキスト入力ボックス。

Varchar (std_varchar)

テキスト入力ボックス・コントロール。