クイック・スタート - クリック可能イメージ

リストのカラムにクリック可能イメージを使用するには、WEB_MAPに*BOTH もしくは *OUTPUTを指定したWebroutineを作成する必要があります。LANSAエディターで生成したXSLを開き、以下の手順でリストのカラムをクリック可能イメージとして機能するように変更することができます。

[ウェブレット テンプレート]タブをクリックし、上にあるドロップダウン・リストから[標準ウェブレット]を選択、[クリック可能イメージ]ウェブレットを探します。

クリック可能にしたいリストのカラムに、これをドラッグ・アンド・ドロップします。すると、カラムにイメージが表示されるように変更されます。カラムのこの項目をクリックしてから、[詳細]タブをクリックしてください。クリック可能イメージ・ウェブレットのnameプロパティとvalueプロパティが、ドロップされたフィールドに従って既に設定されていることを確認してください。

currentrowhfieldプロパティ及びcurrentrownumvalプロパティを、プロパティ記述の説明通りに設定します。

on_click_wrnameプロパティにイメージがクリックされたときに呼び出されるWebroutineの名前を設定してください。Webroutineが現在のWebroutineと異なるWAMにある場合は、on_click_wamnameプロパティも設定する必要があります。