クイック・スタート - リスト・ページング・イメージとリスト・ページング・ボタン

これらのいずれかのウェブレットを使用するには、通常はWEB_MAPに作業リストを指定したWebroutineを作成します。定義された作業リストに送られる1ページ分のエントリーを一度に処理するようにページのWAMを設計します。作業リストは結果のWebページ上にテーブルとしてビジュアライズされます。LANSAエディターで以下の手順に従って、このテーブルに行を追加して、ページ移動できるナビゲーションを組み込みます。

1.  生成されたテーブルに行を追加して、作業リストを表示します。これを行うにはリストで右クリックし、ポップアップ・メニューから[Table - 行の追加 - 1]を選択します。

2.  テーブルの列が2列以上ある場合、新しく作成された行の最初の列にフォーカスを置いて、[デザイン]タブをクリックしてください。テーブル内に表示する列数をcolspanプロパティに設定します。これにより、navigationウェブレットがテーブルの幅全体を表示できるようになります。

3.  [ウェブレット テンプレート]タブをクリックし、上にあるドロップダウン・リストから[標準ウェブレット]を選択し、List Paging Images(もしくはList Paging Buttons)ウェブレットを探します。

4.  [デザイン]ビューで、新しく作られたテーブル列にドラッグ・アンド・ドロップしてください。また、このウェブレットを選択して[詳細]タブをクリックするのを忘れないでください。

5.  on_page_wrnameプロパティに、前ページもしくは次ページのイメージ(ボタン)がクリックされた時に呼び出されるWebroutineを設定します。

6.  on_search_wrnameプロパティに、検索のイメージ(ボタン)がクリックされた時に呼び出されるWebroutineを設定します。

7.  適切なフィールド名をreentryfieldプロパティに設定する、もしくは省略値フィールドのSTDRENTRY を使用します。このフィールドはRDMLXコードの中で、前ページと次ページの処理を区別する際に必要になります。