クイック・スタート - リスト使用のメモ

このウェブレットを使用するには、通常はWEB_MAPに作業リストを指定するWebroutineを作成します。これには1つのテキスト・フィールドが含まれ、これにデータを追加していきます。LANSAがこのようなWebroutine用の省略値XSLを生成する際、リストは通常テーブル内にビジュアライズされます。テーブルの代わりにこのウェブレットを使用するには、以下の手順に従ってください。

1.  リストをビジュアライズするテーブルは削除します。

     削除するには、リストで右クリックし、ポップアップ・メニューから、[全てのリスト削除]を選択してください。

     このリストがWEB_MAP属性*hiddenで指定されている場合は、XSLから手動で削除しなければいけません。(デザイン・ビューに表示されません。)

2.  [ウェブレット テンプレート]タブをクリックし、上にあるドロップダウン・リストから[標準ウェブレット]を選択、[リスト使用のメモ]ウェブレットを見つけます。

3.  [デザイン]ビューでページ上にウェブレットをドラッグ・アンド・ドロップします。ウェブレットを選択して、[詳細]タブをクリックするのを忘れないでください。

4.  必要に応じて,listname プロパティとlist_text_fieldname プロパティに作業リストの適切なフィールドを参照するように設定します。

5.  アプリケーションのフィールドのサイズに従い、colsプロパティを適切に設定します。