クイック・スタート - 入力ボックス

Webページに既に存在するフィールドをビジュアライズするためにこのウェブレットを使用するには、LANSAエディターでWebroutineのXSLを開き、以下の手順に従ってください。

1.  [ウェブレット テンプレート]タブをクリックし、上あるドロップダウン・リストから[標準フィールドビジュアライゼーション]を選択し、[入力ボックス]ウェブレットを見つけてください。

2.  このウェブレットを既存のフィールドにドラッグ・アンド・ドロップします。ウェブレットをクリックして、[詳細]タブをクリックします。

3.  ウェブレットを既存のフィールドの上にドロップした場合、nameプロパティ、valueプロパティ、及びその他のプロパティが既に適切に設定されています。そうでない場合は、これらのプロパティを必要に応じてウェブレットとWebroutineのweb_mapの必要なフィールドで結びつけるように設定してください。

注:Webroutineでのフィールドの定義によっては、生成されたXSLが既にstd_charもしくはstd_varchar のいずれかのフィールド・ビジュアライゼーション・ウェブレットを使用してこのフィールドをビジュアライズしている可能性があります。これらのウェブレットは入力ボックス・ウェブレット機能の多くに追加機能を提供します。