3.13.2 JSONの便利なラッパー

LANSAからはJavaScriptライブラリが提供されており、JSONにデータを送信したり、JSON応答に返すフィールドやリストへのアクセスが簡単にできるようになっています。リスト・メソッッドを使用して、Webページに返されたJSONリストにアクセスもできます。このライブラリを使用するには、外部リソース XWJDCJS1 (JavaScript file json2.js) とXWJ003 (JavaScript file std_json.js)を自身のWebroutineに追加してください。

以下も参照してください。

Webroutineの要求

フィールドの取得

リストの処理

メッセージの取得

コンテキスト・データ

JSON 要求の構築

JSON 要求へのフィールド追加

JSON 要求へのリスト追加

JSON 要求のリスト・ヘッダーを定義

JSON 要求リストにエントリーを追加

JSON 要求の送信