Webroutineの要求

Lstd.Json.getWebroutine(options)メソッドにより、JavaScriptプログラムでWebroutineを呼び出せます。どんなWebroutineでもこのメソッドを使って呼び出すことができますが、データを返すことができるのはJSON応答Webroutineのみです。optionsのパラメータはプロパティのないJavaScriptオブジェクトか、または以下のようなプロパティを含みます。

Wam

呼び出されるWAMです。指定しない場合は、現在のWAMが使用されます。

webroutine

呼び出されるWebroutineです。指定しない場合は、現在のWebroutineが使用されます。

Fields

Webroutineに送信する入力値を含むJavaScriptオブジェクトです。例えば次のようになります。

{

GIVENAME:"William",

SURNAME:"Shakespeare"

}

Lists

Webroutineに送信するリストを含むJavaScriptオブジェクトです。各リストには行が配列されており、各行は複数のカラム値を含むオブジェクトです。例えば次のようになります。

{

LIST01:[

{DEPTMENT:"ADM", DEPTDESC:"Administration"},

{DEPTMENT:"FIN", DEPTDESC:"Finance"}

]

}

callback

Ajax応答が完了した時に呼び出されるJavaScriptファンクションです。このファンクションはJSON応答Webroutineへの呼び出しが正常に完了した時のみ呼び出されます。Webroutine出力を表わすWebroutineオブジェクトが含まれた単一パラメータが引き渡されます。

 

 

これを全てまとめると、次のようになります。

/*

* Get webroutine (Ajax request)

* Webroutine (wr) is passed to the callback wrapped in an Lstd.Json.Wr object

*/

var options = {

wam: "SampleWam",

webroutine: "Sample1",

fields: {

GIVENAME: "John",

SURNAME: "Smith"

},

lists: {

LIST01: [

{DEPTMENT: "ADM", DEPTDESC: "Administration"},

{DEPTMENT: "FIN", DEPTDESC: "Finance"}

]

},

callback: function(wr) {

// Code to handle the Ajax response goes here

}

};

 

Lstd.Json.getWebroutine(options);

 

callbackファンクションに渡されるWebroutineオブジェクトには、サーバーから返されたフィールドやリスト取得用の多くのメソッドが含まれます。