3.6 セッション状態の使用

セッション管理の導入を簡単に見てみましょう。

まず最初にWAMのRDMLXにBEGIN_COMコマンドを設定します。ここで、特定のWebroutineに関連付けられたONENTRYパラメータで指定されている場合以外は、このWAMの各Webroutineが実行前のセッション状態がにアクティブでなければならないようにします。

エントリー・ポイントのWebroutineは(この例ではMaintainGrid)、ONENTRY(*SESSIONSTATUS_NONE)と指定されているため、セッション状態なしで実行することができます。ですが、WAM内のその他の全てのWebroutine(上記のパラメータ設定がないもの)は省略値でアクティブなセッション状態が必要となります。

このエントリーWebroutineはセッション状態をアクティブに設定し、アクティブなセッション状態を必要とするWAM内の他のWebroutineを呼び出すことができるようにします。

では、セッション状態が無効の場合(例えば、ONENTRY(*SESSIONSTATUS_NONE)設定のないWAM内のWebroutineを呼び出そうとした場合など)は、どうなるでしょうか?

セッション状態が無効の場合、SessionInvalidイベントが起動されます。そして、ここでユーザーに対して適切な情報を発行するよう制御します。