非階層リスト

非階層リストでは、各エントリーは親IDを指定することで、ツリー構造内の位置をツリー・ビューに知らせます。非階層リストは、最低限次のデータを含むカラムを含んでいなければいけません。

フィールド

ツリー・ビューのプロパティ

説明

ID

list_id_field

エントリーを識別する一意のID文字列。

親ID

list_parent_id_field

親エントリーのID文字列。空の文字列は最上位のエントリーを示します。

キャプション

list_caption_field

エントリー用に表示するテキスト

 

ツリー・ビューは提供された順にリストのエントリーを処理し、存在しない親にはエントリーを追加することができません。子の前に親のアイテムが来るようにリストがソートされていること、そして同じレベルのアイテムが表示順になっていることを、自身で確認する必要があります。これを行う1つの方法としては、深さを示すカラムを追加し、この深さでソートした後に順番にソートします。

例えば、次のような作業リストがあったとします。

ID

親ID

キャプション

1

 

Node A

2

 

Node B

3

1

Leaf A1

4

1

Leaf A2

5

2

Node B1

6

2

Leaf B2

7

5

Leaf B1A

8

5

Leaf B1B

 

これは次のようなツリーになります。

この例ではIDと親IDのカラムに数字が含まれていますが、これらはテキストか文字列フィールドでなければいけないことに注意してください。

 

非階層リストに更に多くのカラムを追加して、動作や該当するエントリーの外観をカスタマイズすることもできます。

フィールド

ツリー・ビューのプロパティ

説明

イメージ

list_image_field

イメージ・ディレクトリに関連付けられた、エントリーのアイコンに使用するイメージのパスを指定します。

オープン・イメージ

list_open_image_field

イメージ・ディレクトリに関連付けられた、エントリーが展開された時のエントリーのアイコンに使用するイメージのパスを指定します。

選択

list_is_selected_field

エントリーの最初の状態が選択された状態であることを示します。このフィールドは文字列フィールドで、何も含まれない(選択されない)か次の2つのいずれかの値が含まれます。'true'または'freeze'.。両方の値はエントリーが選択されることを示しますが、違いはツリー・ビューの動作です。値が'true' の場合、ツリー・ビューはユーザーがそのエントリーをクリックした時に行われる構成通りのアクションを取ります。つまり、ユーザーがエントリーを選択した時と同じ動作をシミュレートします。値が'freeze'の場合は、ツリー・ビューでアイテムは選択された状態になりますが、その他は何もアクションが取られません。

展開

list_is_expanded_field

エントリーの最初の状態が展開された状態であることを示します。エントリーに子がない場合は、無視されます。このフィールドは、数字でも文字列でも構いません。'true'、'y'または 1の値はtrueとして扱われ、その他全ての値はfalseとして扱われます。

選択時WAM
選択時Webroutine

list_onselect_wamname_field

list_onselect_wrname_field

アイテムがクリックされた時に呼び出されるWAM/Webroutineの名前。これらのフィールドに値が何も提供されない場合、onselect_wamnameやonselect_wrnameに指定された省略値が使用されます。