selectorValueField

ウェブレットに提供されたリストを表示用に絞るために、フィルターとして使用する値を持つフィールドの名前。表示リスト作成時は、この値はリストの"セレクター"カラムの値と比較されます。一致した場合、そのエントリーが表示リストに含まれます。

これはサーバー側の作業を減らす有効な方法です。毎回実行時にリスト・エントリーを計算する代わりに、Webroutineで全ての可能な値とセレクター値を含むリストを事前に作成して出力することができます。そして、ブラウザがセレクター値を元にリストを絞って小さくします。

これにより、サーバー要求をすることなく、動的にリストを更新することも可能になります。更新用にモニターされるフィールドもまたselectorValueFieldである場合、ウェブレットは最初に渡されたリストに新しいセレクター値を適用して、ウェブレット自身を再構築することができます。

省略値

ブランク。フィルターはされません。

有効値

現在のWebroutineの出力フィールドの名前。