8.2 グラフ作成ウェブレット

グラフ作成ウェブレットは、データをビジュアライズする手段を提供します。値の分布状況や傾向、全体に対する部分の比率を比較する際に便利です。

グラフ作成ウェブレットはグーグルのImage Chart APIを使用します。このウェブレットにより、グーグルにグラフ・イメージを要求する簡単な方法が提供されます。

注:Chart APIはグーグルによって提供されるサービスですので、グーグルの使用ポリシーに従ってください。

Google Chart使用ポリシー
Google Chart API呼び出しを1日に行う回数には制限はありません。ただし、悪用とみなされる使用に関しては、これを禁止する権利がグーグルにあります。サービスが禁止された可能性がある場合は、グーグルに連絡してください。

このグーグルのグラフ作成ウェブレットを使用して次のような3つのタイプのグラフが作成できます。

ウェブレット名

説明

Google棒グラフ (std_gbar_chart)

単一および複数のデータ系列です。縦、横、グループ、および積み重ね棒グラフの作成が可能です。

Google折れ線グラフ (std_gline_chart)

単一および複数のデータ系列です。様々な種類の折れ線グラフが作成でき、データ・ポイントにマーカーを置くことができます。

Google円グラフ (std_gpie_chart)

単一データ系列では単純な円グラフおよび3D円グラフが作成できます。複数データ系列の場合は、同心円グラフが使用できます。