barWidth

[任意]ピクセル値で表された棒の幅。この場合、'spaceBetweenBars'と'spaceBetweenGroups'も絶対値をピクセルで指定します。グラフの幅が狭すぎる場合は、棒が縮小されます。'auto-absolute'または'auto-relative' を使って全ての棒がグラフ内に収まるようにサイズ調整できます。

絶対値の場合:値を絶対単位で提供します。(もしくは指定がない場合は省略値の絶対値)全ての棒がグラフ内に納まるようにサイズ調整されます。

相対値の場合:値を相対単位で提供します。(もしくは指定がない場合は省略値の相対値)相対単位は棒の幅と比較した浮動小数点の値です。ここで棒の幅は1.0です。: 例えば0.5は棒の幅の半分、2.0は棒の幅の2倍になります。グラフの幅が狭すぎる場合は、棒が縮小されます。

省略値

23 ピクセル (絶対値)

有効値

数値(ピクセル値)または'auto-absolute'または'auto-relative'