legendOrder

任意。凡例の順序を指定します。Display in order (縦方向の凡例の省略値)は入力順にラベルが表示されます。Reverse orderは、棒が表示されるのと同じ順に凡例が表示されるので、積み重ね棒グラフでは便利です。Automatic ordering (横方向の凡例の省略値)は、おおよその長さによってソートされることを意味し、10ピクセル単位で計測されて一番短い凡例が最初に表示されます。(10ピクセルで割った)長さが同じ2つの凡例がある場合、最初にリストされた方が先に表示されます。

省略値

Display in order

有効値

Display in order (順番に表示)

Reverse order (逆順に表示)

Automatic ordering (自動順)