9.2.1 RDMLX データ・タイプ

RDMLX データ・タイプの検証は、data-lstddatatype属性を<入力>, <選択> もしくは <テキストエリア> エレメントに追加することにより、 どのエレメントにも追加できます。属性値はデータ・タイプで始まり、データ・タイプで必要とされる追加のパラメータが後に続く、| で区切られた文字列でなければいけません。

integer|<最大長>

float|<最大長>

packed|<合計桁数>|<小数桁数>|<小数点記号>

signed|<合計桁数>|<小数桁数>|<小数点記号>

dec|<合計桁数>|<小数桁数>|<小数点記号>

alpha|<キーボード・シフト>|<最大長>

char|<キーボード・シフト>|<最大長>

varchar|<キーボード・シフト>|<最大長>

nchar|<キーボード・シフト>|<最大長>

nvarchar|<キーボード・シフト>|<最大長>

たとえば、以下のRDMLXを使ってフィールドが定義されているとします。

Define Field(#TST_PKD) Type(*PACKED) Length(6) Decimals(2)

 

<入力> タグを次のように使うことができます。

<input id="MyWR_TST_PKD" name="TST_PKD" maxlength="6" size="11"

        data-lstddatatype="packed|6|2|." type="number" />

 

新しいウェブルーチンを生成する、もしくはデザインにフィールドをドロップする場合、WAMエディターは自動的にこの属性を設定します。フォーム・エレメントを作成する標準ウェブレットは、rdmlxDataTypeプロパティの値に基いてこの属性を設定します。