9.2.3 検証が発生した場合の制御

ブラウザの省略値のふるまいは、ユーザーがフォームを送信すると検証を実行します。LANSA フレームワークは2つの制御の実行オプションを提供します。1つはユーザーがフィールドにデータを入力した後で、もう1つはユーザーの入力中すぐです。これらのオプションを有効化するには、stdErrorImmediately もしくは lstdErrorAfterFocus のクラスのどちらか1つを <div> ページに追加します。提供されている標準レイアウトでは、validationTimeプロパティを使ってオプションを有効化します。

ほとんどの検証がこれら以外の時に実行されるため、特定のシナリオに例外があるブラウザがあります。例えば、Safariは、ユーザーがフォーカス後に要求されたフィールドにデータ入力を試みない限り、そのフィールドを無効にしません。これにより、ユーザーはフォームに入力中、エラーの影響を受けずにフィールド内でタブキーを押して入力することができます。