addErrorDiv

Trueに設定されると、<div>エレメントがウェブレットの直後に追加され検証エラーを表示します。<div>は検証エラーがクリアーされると、発生するまで再び非表示になります。

検証メソッドが設定されると、エラー<div>は非表示の時もページ上に自分のスペースを確保し、エラーが表示される時の画面の複雑な再配列を回避します。HTML 5の検証をフィールドではなくフォーム上で使用している場合、スペースを再利用するためにはプロパティをFalseに設定します。

省略値

True。

有効値

True、False、もしくはブール値を返す有効なXPath式。