コンパイル時にWebroutineがプレゼンテーション層のXSLを生成

Webマップを持つWebroutineがコンパイルされると、プレゼンテーション層のために適切なXSLが生成されます。*input*bothのWebマップの場合、LANSAは通常そのフィールドや作業リストを表示するWebroutineのWebページを生成します。

何がプレゼンテーション層に生成されるかについては、「1.5.2 プレゼンテーション層にデフォルトで生成されるもの」で説明しています。