2.1.4 ウェブレットの使用時、および使用場所

次にビジュアライズしたウェブレットをプレゼンテーションに適用します。いつどこでウェブレットを使用するかという問題は、最終的なウェブ・ページに情報をどのように表示し、修正するのかに関係するので、まさしく設計時の考慮事項となります。

例えば、以下のWebroutineを定義したとします。

そして、Webroutineをコンパイルして、XHTMLのデフォルトのプレゼンテーション・インターフェースを生成します。結果のウェブ・ページは以下のようになります。

マップされた値のデフォルトの表示は、入力可能フィールドであることを確認してください。

チェックボックスのウェブレット(もしくは、ブール値フィールド・ビジュアライゼーションのウェブレット)をフィールド値にドラッグするとデータの表示を変更でき、チェックボックスとして表示され応答するようになります。

ヒント - #YESORNOフィールドを*BOOLEANタイプとして定義した場合、ビジュアル表示は自動的にチェックボックスになります。

 

LANSAとともに出荷されたビジュアライズされたウェブレットの、各ウェブレットの一般的な使用方法も含めた詳細については、「標準フィールドビジュアライゼーション」を参照してください。

ビジュアライズされないウェブレットを使用するには、それぞれのウェブレットの目的をしっかり理解する必要があります。LANSAとともに出荷された様々なビジュアライズされないウェブレットの目的とアプリケーションについては、このドキュメントで後ほど説明します。