2.2.2 テクノロジ・サービスの使用

どのテクノロジ・サービスを使用するかは、ウェブ・ソリューションをどのように配布したいかにより異なります。

一番よく使用される2つのテクノロジ・サービスはVisual LANSAとともに出荷されており、WAMのプレゼンテーション層をサポートします。これは、標準のウェブ・ブラウザ・インターフェースをサポートするXHTML (eXtensible Hypertext Markup Language:拡張可能ハイパーテキスト・マークアップ言語)、及び、手のひらサイズのデバイスのインターフェースのためにデザインされたPPC_XHTML (PocketPC XHTML:ポケットPC XHTML)です。

XHTMLやPPC_XHTML、またはJQMOBILE以外のフォーマットでウェブ・アプリケーションを表示したい場合は、これをサポートする独自のテクノロジ・サービスを作成する必要があります。