2.2.3 独自のサービスの作成

追加のテクノロジ・サービスを定義することができます。ただし、実行及び結果のXSLについてはすべて自己責任になります。

テクノロジ・サービスはLANSAエディタで定義されます。新しいテクノロジ・サービスを作成するには、ツールバーの[作成]ボタンを使用して、[テクノロジ・サービス]を選択してください。そして新しいテクノロジ・サービスの詳細を入力します。

新しいテクノロジ・サービスをサポートするために、独自のXSLスタイルシート・テンプレートのドキュメントを作成する必要があります。これらのドキュメントは、LANSAのディレクトリ...\X_WIN95\X_LANSA\web\tspに保存してください。これらのテンプレートは、Webroutineの初期XSL表示を生成するために使用されます。

独自のテクノロジ・サービスの作成についての詳細は、「テクノロジ・サービス」を参照してください。

追加のテクノロジ・サービスをLANSAプロバイダに追加しないでください。LANSAの提供したテクノロジ・サービスは今後のバージョンで拡張もしくは変更される可能性があります。