2.2.4 特定のテクノロジ・サービスに対するXSLの生成

新しいWebroutineを作成する際に、既存のテクノロジ・サービスに対してXSLを生成するかどうかのオプションが選択できます。完成したウェブ・アプリケーションをウェブ・ブラウザ上のみで実行する場合は、PPC_XHTMLテクノロジ・サービスは選択しないでください。

その後の段階で異なるテクノロジ・サービスのXSLを生成したくなった場合は、Webroutineデザイン・グリフを右クリックして[XSLの生成]を選択し、必要なテクノロジ・サービス・プロバイダを選択することで可能になります。