2.5.1 出荷時の変数値を変更する方法

XSLの変数は他のプログラム環境で見かける変数とは異なります。XSLにおける変数という用語はプレースホルダーを意味する数学的な意味で使用されます。これはつまり、一度定義されたら、変数は変更ができないということです。

ただ、あるコンテキストで変数を上書きすることは可能です。これを正しく行うには、XSLTインポートの優先順位を十分理解している必要があります。std_variablesに定義された変数は、環境パラメータやlxmlソースのデータの特定の部分へのアクセスを提供します。変数のデフォルト値を変更する必要がある場合は、変数ではなくソース・データを変更してください。

独自の変数を作成したい場合は、独自のxxx_variablesウェブレットを作成し、それを必要に応じてレイアウトやウェブレットにインポートしてください。

std_variablesウェブレットを変更することはお勧めしません。これらは、将来のアップデートの際に変更される可能性があるからです。

  Visual LANSAを再インストールする場合は、標準の出荷されたウェブレットに行われたすべての変更は、上書きされます。