2.4.2 レイアウト・ウェブレット

多くのWAMレイアウトがあり、共通のエレメントを共有したい場合、この共通のエレメントをレイアウト・ウェブレットに置くことができます。その他のウェブレットと同様にレイアウト・ウェブレットの目的は機能の再利用、そして不要な重複を避けることです。ウェブレットの詳細については、 『Visual LANSA ユーザー ガイド』「ウェブレットの作成」を参照してください。

3つのテーマのレイアウト・ウェブレット(テーマレット)がVisual LANSAで提供されています (std_themelet1_[1-3]col)。これらのレイアウトはWAM固有のレイアウトとして、もしくは独自のレイアウトを作成する開始点として使用できます。

自身のサイト・レイアウトを作成する簡単な方法は、[ Web アプリケーション レイアウト マネージャ ウィザード] を使用することです。

新規WAMを作成する際は、サイトのレイアウト・ウェブレットを選択できます。自動的に作成されるWAMレイアウトは、指定したレイアウトを基に作成されます。