ステップ2. SET218 FTP例を実行する

このステップでは、SET218例のドキュメンテーションに目を通して実行します。SET資料を区画にインポートしてJava Service Managerを開始しておく必要があります。

1.   JSMとFTPの例を使用してSET218のメイン・ページを探します。

2.   画面の画像を確認して、メモや提案などのテキストに目を通します。

3.   ページ上部の[To Execute this Example]ハイパーリンクをクリックします。

4.   例218Gを実行してFTPフォルダーからファイル・リストを取得します。

上記の例ではIBM i サーバー"EARTH"に接続します。FTPではDEBUG.LOGファイルをIFSのルートにある/TMPフォルダから、同じくIFSのルートにある/TEMPフォルダにPUTします。

:ネットワーク管理者によって、IPアドレス、FTPサーバー、ユーザーID、パスワードに必要な情報が必要に応じて提供されます。「まとめ 」の「ヒントとテクニック」を参照してください。