5.4.1 SERVICE_LOAD

HTTPServiceがインバウンド・サービスに使用される場合、SERVICE_LOADキーワードには、リモートHTTPクライアント・プログラムから送信されたHTTPプロトコル・プロパティの選択内容が含まれます。

HTTPプロトコル・プロパティ名の一覧については、「SERVICE_LOAD」コマンドを参照してください。

構文:

コマンド

キーワード

コマンド/キーワード/値に関する開発担当者メモ

SERVICE_LOAD

BIND

 

任意。「BIND 」を参照してください。

ARCHIVE

 

任意。「ARCHIVE 」を参照してください。

ENCODING

 

任意。「ENCODING 」を参照してください。

*BINARY

エンコーディングを変更せずに内容を保管します。

SCHEMA

 

任意。「SCHEMA 」を参照してください。

VALIDATING

 

任意。「VALIDATING 」を参照してください。

DOMSET

 

任意。「DOMSET 」を参照してください。

DOMSETMODEL

 

任意。「DOMSETMODEL 」を参照してください。

DOMSETRESULT

 

任意。「DOMSETRESULT 」を参照してください。

 

ARCHIVEキーワードが使用される場合、サービスはENCODINGキーワード値を使用します(ある場合)。あるいは、プロトコルの内容タイプ・エントリーからエンコーディングを決定するか、省略値を使用して、受信したバイト内容を、保管ステージ用に準備したUnicode文字列に変換します。

ENCODINGキーワードは、受信した内容をサービスで保管する場合にのみ使用されます。キーワード値*BINARYは、サービスに対してバイト内容を変更せずにアーカイブ・ファイルに書き込むように指示します。

ARCENCODEキーワードは、アーカイブ・ファイル内容のエンコーディングを制御します。

内容タイプがテキストまたはXMLではない場合、バイト内容は変更されずにファイルに書き込まれます。したがって、ポストされたイメージやPDFドキュメント、その他のテキスト・タイプ以外の内容は変更されずに保管されます。

ENCODING (*BINARY)キーワードとARCHIVEキーワードを一緒に使用すると、受信した内容はすべて変更されずに保管されます。