NUMBERFORMAT

オプションのキーワードNUMBERFORMATは、小数区切り文字が小数点文字「.」ではない数字文字列を処理する場合に使用されます。

XML内容は、常に「.」を小数区切り文字として使用しますが、CSVやTSVデータでは別の文字を使用できます。

キーワード値は、特殊な値やロケール文字列のいずれかを使用できます。

このキーワードがある場合、他の省略値のアクションがオーバーライドされます。

NUMBERFORMAT

*NONE

形式なし

*DEFAULT

JDKの省略値・ロケールを使用します。

*CLIENT

LANSAファンクションまたはRPGプログラム・ジョブのロケールを使用します。

*USERAGENT

リモート・ユーザー・エージェントのロケールを使用します。

ロケール文字列

 

 キーワードがない場合、関連するサービスのプロパティ・ファイルのnumberformat.localeエントリーが使用されます。

キーワードやnumberformat.localeがない場合、形式変換は行われません。

インバウンド・コンテンツ・ハンドラーでは、NUMBERFORMATが*USERAGENTの場合、HTTPプロトコル・プロパティX-USER-AGENT-LOCALEが使用されます。これが使用できない場合は、値*CLIENTが使用されます。

アウトバウンド・コンテンツ・ハンドラーでは、NUMBERFORMATが*USERAGENTの場合、LOCALEキーワードの値が使用されます。

 

RECEIVE NUMBERFORMAT(EN_AU)

 

#

numberformat.locale=EN_AU