SERVICE_LOAD

サービスをロードして初期化します。

 

                                                          必須

 

 SERVICE_LOAD ---- SERVICE ---------サービス名--------------->

 

                                                          任意

 

               >-- TRACE ----------- *NO --------------------->

                                     *YES

                                     *ERROR

 

               >-- TRACE_NAME ------名前-----------------------|

                                     *SERVICE

                                     *PROCESS

                                     *FUNCTION

                                     *JOBNAME

                                     *JOBUSER

                                     *JOBNUMBER

 

詳細については、以下を参照してください。

クライアントからのサービス・プログラム・トレース

キーワード

SERVICE

ロードするサービスの名前 - この場合はPDFSpoolFileService

TRACE

クライアント・プログラムのトレースを有効にするには、SERVICE_LOADコマンドでこのキーワードを使用します。

TRACEキーワードに可能な値は以下のとおりです。

  • *NO
  • *YES
  • *ERROR

トレース・オプション*ERRORはトレースを有効にします。サービスがステータスERROR、FATAL、またはSOAPFAULTをクライアントに返さない場合、トレース・ファイルはJSM CLOSE呼び出しで削除されます。

TRACE_NAME

オプションのキーワードを使用すると、クライアントは、クライアントのtraceサブディレクトリの最後にユーザー定義の名前を追加できます。

TRACE_NAMEキーワードには、特殊なキーワード値も使用できます。

  • *SERVICE
  • *PROCESS
  • *FUNCTION
  • *JOBNAME
  • *JOBUSER
  •  *JOBNUMBER

RDML

 

CHANGE FIELD(#JSMCMD) TO('SERVICE_LOAD SERVICE(PDFSPOOLFILESERVICE)'

USE BUILTIN(JSM_COMMAND) WITH_ARGS(#JSMCMD) TO_GET(#JSMSTS #JSMMSG)

 

RDMLX

 

#jsmcommand := 'SERVICE_LOAD SERVICE(PDFSPOOLFILESERVICE)'

use builtin(jsmx_command) with_args(#jsmxhdle1 #jsmcommand) to_get(#jsmxsts #jsmxmsg)

 

ILE RPG

 

c                   eval      jsmcmd = 'SERVICE_LOAD'

c                             + ' SERVICE(PDFSPOOLFILESERVICE)'

c                   callp     p_jsmcmd(jsmcmd:jsmsts:jsmmsg)