5.11.6 SET

SETコマンドは、アウトバウンドJSONオブジェクトの入力に使用されます。

フラグメントはフィールドのみを使用するため、SET FRAGMENTコマンドにはSERVICE_EXCHANGE(*FIELD)キーワードが必要です。

リストは作業リストのみを使用するため、SET LISTコマンドには作業リスト引数が必要です。

SETコマンドを使用して、HTTP要求プロトコルにHTTPヘッド・プロパティを入れることもできます。

HTTPプロトコル名の値ペアは、2列の作業リストのエントリーとして渡されます。

SETコマンドは、HTTP要求を作成するSENDコマンドよりも先にいつでも呼び出すことができます。

構文:

コマンド

キーワード

コマンド/キーワード/値に関する開発担当者メモ

SET

LIST

条件付。リストをバインドします。

FRAGMENT

条件付。フラグメントをバインドします。

PROPERTY

*LIST

条件付。HTTPヘッド・プロパティを設定します。

 

 

DEFINE     FIELD(#PNME) TYPE(*CHAR) LENGTH(20)

DEFINE     FIELD(#PVAL) TYPE(*CHAR) LENGTH(20)

DEF_LIST   NAME(#PLST) FIELDS((#PNME) (#PVAL)) TYPE(*WORKING)

 

CHANGE     FIELD(#PNME) TO('''X-Invoice''')

CHANGE     FIELD(#PVAL) TO(T9300)

ADD_ENTRY  TO_LIST(#PLST)

 

USE        BUILTIN(JSM_COMMAND) WITH_ARGS('SET PROPERTY(*LIST) SERVICE_LIST(PNME,PVAL)') TO_GET(#JSMSTS #JSMMSG #PLST)