SET

SET コマンドは、現在のコンテキスト・シート、指定のシートの列幅や設定を変更するために使用します。

コンテキスト・シートを変更するには、キーワード OBJECT で値 *CONTEXT を使用します。

 

                                                         必須

 

 SET ----------------------------------------------------------->

 

          >-- OBJECT ----------- *CONTEXT----------------------->

 

          >-- SHEET ------------ 値 -------------------------|

 

キーワード

OBJECT

*CONTEXT

SHEET

ドキュメント内に存在する必要のある特定のシート名。

 

シートの列幅を変更するには、キーワード OBJECT で値 *COLUMNWIDTH を使用します。

 

                                                         必須

 

 SET ----------------------------------------------------------->

 

          >-- OBJECT ----------- *COLUMNWIDTH------------------->

 

                                                         任意

 

          >-- SHEET ------------ 値 ------------------------->

 

          >-- WIDTH ------------ 値------------------------->

 

          >-- RANGE ------------ n,n ---------------------------|

 

キーワード

OBJECT

*COLUMNWIDTH

SHEET

特定のシート名を入力できます。シート名を入力しない場合は、現在のコンテキスト・シートが使用されます。

WIDTH

列の幅。省略値は 2560 ユニットです。

RANGE

列の範囲。1 つの列の列番号、もしくはカンマで区切られた異なる 2 つの列番号で列の範囲を指定します。

 

シート設定を変更するには、キーワード OBJECT で値 *SHEET を使用します。

 

                                                         必須

 

 SET ----------------------------------------------------------->

 

          >-- OBJECT ----------- *SHEET ------------------------>

 

                                                         任意

 

          >-- SHEET ------------ 値 ------------------------->

 

          >-- SELECTED --------- *YES -------------------------->

                                 *NO

 

          >-- DISPLAYGRID ------ *YES -------------------------->

                                 *NO

 

          >-- PRINTGRID -------- *YES -------------------------->

                                 *NO

 

          >-- PRINTAREA --------- 値------------------------->

 

          >-- PRINTTOFIT ------- *YES -------------------------->

                                 *NO

 

          >-- PROTECT ---------- *YES -------------------------->

                                 *NO

 

          >-- PASSWORD ----------値------------------------->

 

          >-- FREEZE------------ 値------------------------->

 

          >-- MARGIN ----------- 値------------------------->

 

          >-- HEADER ----------- *LEFT ------------------------->

                                 *RIGHT

                                 *CENTER

 

          >-- FOOTER ----------- *LEFT ------------------------->

                                 *RIGHT

                                 *CENTER

 

          >-- CONTENT  ----------- 値-------------------------|

 

キーワード

OBJECT

*SHEET

SHEET

特定のシート名を入力できます。シート名を入力しない場合は、現在のコンテキスト・シートが使用されます。

SELECTED

このシートを選択シートに設定します。
可能な値は *YES または *NO です。

DISPLAYGRID

グリッドを表示します。
可能な値は *YES または *NO です。

PRINTGRID

グリッドを印刷します。
可能な値は *YES または *NO です。

PRINTAREA

印刷範囲を設定します。
サンプル値: $A$1:$B$2。

PRINTOFIT

範囲に合わせた印刷を有効または無効にします。
可能な値は *YES または *NO です。

PROTECT

シートの保護を有効または無効にします。
可能な値は *YES または *NO です。

PASSWORD

ワークシートを保護するパスワードは任意です。これは、PROTECTキーワードと組み合わせて使用されます。

FREEZE

分割の固定ウィンドウを作成します。
列分割、行分割の固定ウィンドウには値 n,n を使用します。
列分割、行分割、最左列、最上行の固定ウィンドウは、値 n,n,n,n を使用します。
分割の固定ウィンドウを削除するには値 0,0 を使用します。

MARGIN

余白を設定します。
値は、上余白、下余白、左余白、右余白、ヘッダー余白、フッター余白のコンポーネントをカンマで区切ったものです。
値に空白の文字列が使用されると、コンポーネント値は無視されます。

HEADER

どのヘッダーのコンテンツを変更するか指定します。*LEFT(左)、*RIGHT(右)、*CENTER(中央)の値が設定可能です。

FOOTER

どのフッターのコンテンツを変更するか指定します。*LEFT(左)、*RIGHT(右)、*CENTER(中央)の値が設定可能です。

CONTENT

ヘッダーまたはフッターのコンテンツのテキストです。
ヘッダーやフッターのテキスト内には、特別な代替値を使用することができます。
&D 日付
&T 時間
&P ページ番号
&N 合計ページ数
&B 太字
&U 下線
&I 斜体
&S 取り消し線
&E 二重下線
&X 上付き文字
&Y 下付き文字
&F ワークブック名
&A ワークシート名
&"フォント名" フォント名
&nn フォント・サイズ (01 から 99 の 2 桁の数字)
&NL 新規行