ステップ2. iiiPRO05_response.xmlを作成する

このステップでは、部門名称を含む応答を送信(サーバーの場合)および受信(クライアントの場合)するXMLを作成します。クライアント・ファンクションで必要なのは、部門名称のリストで構成される応答のみですが、RDMLXコードがより少なく簡単になるように、部門コードと部門名称も送り返されます。応答XMLの構造は、要求XMLの構造と同じです。

1.   スタジオのプロジェクト・タブでソリューションを選択し、新しいソリューション・グループを使用してフォルダーXML List Responseを作成します。

2.   開いているiiiPRO05_request.xmlを使用し、ルート・タグを修正して応答XMLを定義します。ルートはDepartmentListResponseになります。終了タグも忘れずに修正してください。

      XMLは以下のように表示されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<DepartmentListResponse>

     <ReverseString>ABCDEFG</ReverseString>

     <Department>

        <Code>ADM</Code>

      </Department>

      <Department>

        <Code>FLT</Code>

      </Department>

</DepartmentListResponse>

3.   部門名称も交換されるようにXMLを修正します。<Department>タグ内に部門名称タグを挿入します。部門名称タグは<Description>になります。

      XMLは以下のように表示されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<DepartmentListResponse>

   <ReverseString>ABCDEFG</ReverseString>

   <Department>

       <Code>ADM</Code>

    <Description>Administration Dept</Description>

    </Department>

    <Department>

      <Code>FLT</Code>

       <Description>Fleet Administration</Description>

     </Department>

</DepartmentListResponse>

4.   [ファイル]メニューを使用して、[名前を付けて保存]オプションを選択し、ファイルをiiiPRO05_response.xmlとして指定します。そのファイルをXML List Responseフォルダーに保存します。