8.4.8 HTTPディレクティブ

データは、HTTPプロトコルを使用してホストに送信されます。

HTTPサーバーはホスト側で実行していなければなりません。

基本、ダイジェスト、及びNTLM認証はユーザー・エージェントに組み込まれています。

現在のところ、中間 プロキシー・サーバーでは基本認証のみがサポートされています。

ユーザーとパスワードがブランクの場合、認証はありません。ただし、HTTPサーバーが401応答を返した場合、ユーザーとパスワードの入力を求める認証ダイアログが表示され、もう一度送信が行われます(行われるのは一度のみ)。

user=*promptの場合、フィールドがブランクの認証ダイアログが表示されます。

user=remoteuserの場合、ユーザー・フィールドにリモート・ユーザーが指定された認証ダイアログが表示されます。

user=remoteuserおよびpassword=passphraseの場合、認証ダイアログは表示されません。

ホストURLがHTTPSプロトコルを使用している状態でプロキシーURLを指定した場合、Proxy SSL Tunnelingが使用されます。

キーワード 説明

name

ユーザー・エージェントの[送信]メッセージ・ボックスに表示される記述名

host

HTTPサーバーのURL

host.trusted

信頼ストアにピア証明書が含まれない場合は、SSL接続に必要です。値が*yesの場合、サーバー証明書が信頼されます。

user

認証ユーザーまたは*prompt

password

認証パスワード

proxy

HTTPプロキシー・サーバーのURL

proxy.user

プロキシーの基本認証ユーザー

proxy.password

プロキシーの基本認証パスワード

locale

HTTPプロトコルのプロパティX-USER-AGENT-LOCALEの値を設定します。このエントリーがない場合、省略値のロケールが使用されます。

xxx.uri

POSTスタイル・メソッドのファイル拡張子ベースのホストURIコンポーネントを定義します。
以下のメソッドで使用されます。
POST
ユーザー定義

method

HTTPプロトコル・メソッド。省略値はPOST
GET
HEAD
TRACE
OPTIONS
POST
ユーザー定義

uri

GETスタイル・メソッドのホストURIコンポーネントと、POSTスタイル・メソッドの省略値のURIを定義します。
以下のメソッドで使用されます。
GET
HEAD
TRACE
OPTIONS

authentication.preemptive

ハンドシェイク認証の効率を上げるために、ユーザー・エージェントに特定の認証方法を指定することができます。
基本認証の場合は*basicを使用します。
ダイジェスト認証には*digestを使用します。
NTLM認証の場合は、*ntlmを使用します。
省略値は*negotiateで、フル認証チャレンジが行われた状態です。

注: ダイジェストとNTLMはチャレンジ・ハンドシェイクを使用するので、プリエンプティブ認証として選択された場合は、初期ハンドシェイク中にコンテンツが送信されないため、サーバーからの認証が必須になります。