現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > Windows テーブルの新規ロード > データソースの作成

データソースの作成

[新規データソース]のページでは、データソースを作成し、すぐに使用することができます。または、Windows ODBC アドミニストレータを使用して DSN を作成し、ウィザードを再起動することもできます。

ドロップダウンリストからデータベースに適したドライバ を選択し、サーバーを選択します。

セキュリティ接続の使用を選択するか、ユーザー ID と パスワードを入力できます。.

接続をテストします。成功した場合は、[次へ]をクリックします。