現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > Windows テーブルの新規ロード > テーブル・オプション

テーブル・オプション

ロードの一部として、テーブルに適用できる 3 つのオプションがあります:

読み取り専用のアクセス

テーブルのデータの更新や削除が許可されません。

コミット制御

テーブルは、コミットおよびロールバック操作を使用したトランザクション境界をサポートするように構成されます。

コンパイルの投入

ロードの一部としてテーブルのオブジェクト・アクセス・モジュール(OAM)を生成します。

 

 

変換プロセスにより、テーブルと項目の定義が、メモリー常駐のLANSAテーブル及びフィールドに変換されます。これらは次のプレビュー・ページで確認できます。

[次へ]をクリックして変換を実行します。