1.2.5 LANSA Open による開発

クライアント/サーバー型アプリケーションの開発に LANSA Open を使う場合、クライアント側アプリケーションの動作に必要な、LANSAリポジトリの開発が焦点をとなります。LANSAリポジトリやRDML技術は、他のWindows用開発ツールと共用したり、他の開発ツール側で再利用したりすることも可能です。

LANSA Open によるクライアント/サーバー型アプリケーションの開発にあたっては、1.3 LANSA のアーキテクチャ1.4 LANSAのリポジトリについて理解しておくことが大切です。

最初にアプリケーション・データベースの作成を行いますが、これは通常、既存のファイルをLANSAリポジトリにロードすることで完了します。

特に重要な作業としては、ファイルに対する妥当性規則やトリガーの作成仮想フィールドの作成があります。また、場合によっては、事前結合フィールドの作成を、リポジトリ側で行う必要があります。

リポジトリ作成が終われば、LANSA Open を使って実際にクライアント・サーバーのアプリケーションの開発を始めることになります。

次のトピックも参照してください。

LANSA Open ガイド