リポジトリにフィールドを定義する手順

LANSAリポジトリにフィールドを定義する方法は何通りかあります。

以下、それぞれの方法について、具体的な手順を示します。

手で定義を入力する方法

モデリング・ツールを使う方法

その他のファイルのロード

手で定義を入力する方法

手でフィールド定義を入力する、または既存のフィールド定義をコピーして必要な箇所を修正する方法です。コピーの代わりに、参照フィールドの機能を使うことも可能です。具体的な手順を以下に示します。

1.  標準の命名規約に従い、フィールド名を決めてください。これらは「企業データ・ディクショナリの考え方」に記述されています。

2.  サイト標準に従い、必要なフィールド特性をすべて設定してください(「フィールドの定義にあたって考慮するべき事項」を参照)。

3.  フィールドに対するヘルプ・テキストを、ユーザー向け、開発者向けとも定義してください(「1.6.4 リポジトリに登録するヘルプ・テキストの作成」を参照)。

4.  コンポーネントやWAMの開発に必要であれば、画面表示に関する事項を設定してください(「1.6.6 フィールド・ビジュアライゼーションの開発」を参照)。

5.  オプション: フィールドに対する妥当性規則やトリガーを定義してください(「1.6.6 フィールド・ビジュアライゼーションの開発」を参照)。

6.  テスト・ファンクションを使って、フィールド定義が適切かどうか確認してください(例えばFLDTESTアプリケーション・テンプレートを使うとよいでしょう)。

モデリング・ツールを使う方法

モデリング・ツールを使ってデータベースを作成すれば、自動的に基本的なフィールド定義も登録されます。多くの場合、モデリング・ツールで設定された属性データ型にもとづき、参照フィールドの機能を使った定義になります。具体的な手順を以下に示します。

1.  モデリング・ツールで生成された各フィールドを開いてください。

2.  必要に応じ、フィールド特性を確認、修正してください(「フィールドの定義にあたって考慮するべき事項」を参照)。

3.  モデリング工程でヘルプ・テキストを設定しなかった場合はここで設定します(「リポジトリに登録するヘルプ・テキストの作成」を参照)。

4.  コンポーネントやWAMの開発に必要であれば、画面表示に関する事項を設定してください(「フィールド・ビジュアライゼーションの開発」を参照)。

5.  オプション: フィールドに対する妥当性規則やトリガーを定義してください(「フィールドに対する妥当性規則やトリガーの定義」を参照)。

6.  テスト・ファンクションまたはアプリケーション・プロトタイプを使って、フィールド定義が適切かどうか確認してください。

その他のファイルのロード

既存のデータベースを使う場合、その定義ファイルを読み込むことにより、必要なフィールド定義をリポジトリに登録することができます。具体的な手順を以下に示します。

1.  定義ファイルを参照して、リポジトリに登録するフィールドを確認してください。

2.  定義ファイルを読み込み、リポジトリに登録します。登録された各フィールドを開き、必要に応じて、フィールド特性を確認、修正してください(「フィールドの定義にあたって考慮するべき事項」を参照)。

3.  フィールドに対するヘルプ・テキストを、ユーザー向け、開発者向けとも定義してください(「リポジトリに登録するヘルプ・テキストの作成」を参照)。

4.  コンポーネントやWAMの開発に必要であれば、画面表示に関する事項を設定してください(「フィールド・ビジュアライゼーションの開発」を参照)。

5.  オプション: フィールドに対する妥当性規則やトリガーを定義してください(「フィールドに対する妥当性規則やトリガーの定義」を参照)。

6.  テスト・ファンクションを使って、フィールド定義が適切かどうか確認してください

次のトピックも参照してください。

参照フィールド