アクセス経路の考え方

LANSAは、アクセス経路を使用してデータベース内の各ファイル間の関係について説明します。データベースのマップあるいはスキーマに相当するものです。とは言っても、その実体は単なるテキスト記述であって、データベースの容量が大きく増えてしまうようなことはありません。

「アクセス経路」は、あるファイルから別のファイルに到る「経路」のことです。例えば、ファイルAのレコードをひとつ取り出したとき、これと関連するファイルBのレコードをどのように検索するか、を表します。

ここでファイルAは、現在着目している対象です。一方ファイルBは、LANSAシステムに定義されているどの物理/論理ファイルであってもかまいません。

ファイルAにはアクセス経路を複数設定できます。ファイルBに到る経路だけでなく、他のファイルへの経路であってもかまいません。また、ファイルBからファイルAへの経路も定義して、両方向の経路とすることも可能です。

ひとつのアクセス経路で定義できるのは、ファイルAからファイルBという形の、片方向の経路だけです。しかしファイルAは複数のアクセス経路を持つことができます。同様にしてファイルAからファイルCやファイルDへの経路も追加することができます。

さらに、アクセス経路を連鎖させることも可能です。ファイルAからファイルBの経路、ファイルBからファイルCへの経路があれば、ファイルAから間接的に、ファイルCのレコードを検索することもできるのです。

アクセス経路は次のような点で、自動処理定義コンポーネントにとって非常に重要です。

アクセス経路には次のような使い方があります。

警告

ヒントとテクニック

次のトピックも参照してください。

アクセス経路の例

アクセス経路に関する検討事項