2.11.4 キーボード・アクセスの注意点

経験のあるユーザーは、ほとんどの場合にマウスを使用せずにキーボードからアプリケーションを使用します。そのため、インターフェースの各要素にマウスを使用せずに簡単に一貫してアクセスできるようにする必要があります(ショートカット・キーはメニュー・アイテムでのみ使用されますが、アクセラレータ・キーは、プッシュ・ボタン、グループ・ボックス、またはチェック・ボックスなどでも使用されます)。

メニュー・タイトルとオプションでは、Windows標準の多数のショートカット・キーの慣習に従う必要があります。以下は、共通のショートカットのリストです。

ショートカット

ファンクション

Ctrl + N

新規作成メニュー・オプション

Ctrl + O

開く

Ctrl + P

印刷

Ctrl + C

コピー

Ctrl + X

切り取り

Ctrl + V

貼り付け

Ctrl + S

保存

Ctrl + Z

元に戻す

Ctrl + Y

やり直し

 

 

F1 はコンテキスト依存ヘルプに、Esc はキャンセルに、Enter は OK に共通して割り当てられます。これらのキーは他の操作に割り当てるのを避けてください。また、ショートカット・キーがインターフェースの異なる要素間で競合しないようにしてください。