2.26.8 アプリケーションの計画

GUIインターフェースにより、アプリケーションを非常に柔軟に構築できます。そのため、アプリケーションをどのように構築するかを綿密に考える必要があります。以下のステップは、ユーザーに便利なインターフェースの作成で非常に重要です。

1.  アプリケーションの業務目的と、ユーザーが実行するタスクを特定します。アプリケーションの業務目的を考え、ユーザーのタスクの一部を削除したり簡単にできないかどうかを検証します。

2.  ユーザーのタスクに基づいてアプリケーションを構築します。機能を論理的にグループ化し、可能な場合は、1つのウィンドウに1つのタスクを完了するために必要なステップすべてをまとめ、ウィンドウ間を移動する手間を省きます。ただし、煩雑になってはなりません。

3.  ユーザーが各オプションを使用する可能性を考察します。オプションが頻繁に使用される場合は、簡単にアクセスできるようにし、あまり使用されない場合は表示されないようにします。